相続弁護士コラム

信託銀行を遺言執行者にするとトラブルの際、頼りになりませんがお金はとられます。

信託銀行は、遺留分減殺請求などのトラブルが発生した場合には遺言執行は行えないとあり、現に法的紛争があり、または法的紛争を生じる蓋然性が極めて高いといえます。 相続税の申告が必要な事案では税理士・弁護士・司法書士などを紹介 […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続対策ニュース

2014年07月19日

日曜日相続なんでも相談会!毎週実施中

相続・遺産分割についてどうしたらよいのだろうとお悩みの方はいらっしゃいませんか。   名古屋駅ヒラソル法律事務所では常時10件以上の遺産分割事件を扱っており、相続案件の地域一番を目指しています。   […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続対策ニュース

2014年06月23日

本家相続は弁護士にご相談を-ハンコ押代は通用しない

名古屋の遺産分割の弁護士・服部です。   私の父方は愛知県小坂井にありまして、典型的な地方都市です。そして、長男が家督を相続し、次男は養子に出され、三男である私の父は名古屋に上京した、という家族構成です。今でも […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続対策ニュース

2014年03月21日

遺言適齢期-遺言を書くと自律神経が安定する

遺言・・・って書きたくないわ。だって、私はいつまでも元気なのですもの-という方が多くいらっしゃいます。   たしかに、お子様もご両親にはいつまでも長生きをして欲しいと考えていると思います。   しかし […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続対策ニュース

2014年03月21日

相続と遺産分割コラム:熟年結婚で相続人が増える

熟年離婚という言葉がありますが、逆に熟年結婚も増えているように思います。   新たなライフステージにおいて,幸せなパートナーを得ることはこれに優る幸せはないと思います。   したがって、推定相続人とし […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続対策ニュース

2014年02月27日

相続対策:生前に親がやること弁護士ぜんぶサポート

名古屋の相続・遺産分割弁護士の服部です。   さて,弁護士や税理士業の経験からいえるのは、一次相続と二次相続では揉め方が全然違うということです。   一次相続の場合は、ご両親の一方はご健在ですから,揉 […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続対策ニュース

2014年02月26日