相続弁護士コラム

相続・遺産分割の最初のご相談は名古屋のカウンセリング弁護士に。

名古屋の相続・遺産分割弁護士の服部です。

 

さて、相続のことについて相談したいのだけど,誰に相談して良いのか分からないというケースもあります。

 

この点、相続コンサルタントなどが最近出てきていますが、実際は非弁行為をしたり報酬が多額であったりとおすすめはできかねます。

 

弁護士は法律家でもあります。ご相続についても仲裁人としての役割を果たすということも可能です。弁護士が入ると誰かの味方になるので紛争が激化するということはありません。私も相続コンサルタントをやらせていただいております。

 

また、税理士に頼むということもあります。なぜなら、税理士は、路線価や相続税による不動産の税評価に通じているからです。当事務所の弁護士も税理士業をしておりますので、気軽に相談をすることができます。

 

当事務所では、相続後の手続代行もしております。公正証書があれば遺言執行者として財産目録を作成し、預金の解約をして、相続人に引き渡します。財産目録も作成することができますし,信託銀行の用に手数料を差し引かれるということもありません。

 

相続の手続が揉める原因は不動産にあります。こうした経験が豊富であり、かつ、税務に通じている弁護士事務所として、みなさまの最初のお悩み、初回相談の窓口を行っております。相続においては不動産のノウハウや実務経験が必要になりますが、弁護士はこうしたノウハウに豊富であり、行政書士や相続コンサルタントにこうしたノウハウがあることはあまりありません。

 

遺産分割、納税、二次相続対策などについては、相続のコーディネートをさせていただいております。本来のご相続は厳粛なものであり、財産分けが相続ではなく、故人を偲ぶ、感謝と慈愛から祈り、そして配慮し合うということが本来の相続のあり方かもしれません。そうした点も念頭に業務を進めて参ります。

 

相続の手続をするのは複合的な手続が必要になりますが、バラバラの法律家のチームでは成果を出すのは難しいでしょう。当事務所は弁護士、税理士業、司法書士有資格者もおり、お客様の状況に応じて最善を尽くす態勢がございます。相続や遺産分割はテラーメイドです。皆さまのご事情をカウンセリングさせていただき,事情に応じて提案をさせていただきます。

 

当事務所は、相続窓口、相続ワンストップの事務所を目指して参ります。

  • カテゴリ:
  • 事務所ニュース

2014年02月27日