相続弁護士コラム

祭祀財産を承継する相続人がいないとき

ポイントとしては、祭祀財産は、被相続人がその承継人を指定しないで、慣習が不明であるときは、家庭裁判所に祭祀財産の承継者の指定を求める調停ないし審判を申し立てることになります。   調停が成立した場合には、祭祀財 […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続ニュース

2017年12月14日

ゴールデンウィーク中の営業について

名古屋駅ヒラソル法律事務所をご愛顧いただきましてありがとうございます。 当事務所ですが、恐縮ですがゴールデンウィークにつきましては、3日から7日までお休みをいただきます。 6日についてもお休みをさせていただきます。6日に […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続ニュース

2017年04月20日

税理士は、遺言、遺産分割協議は原則としてできません。

相続に関して、遺言に関与している税理士もいますが、相続税申告が必要であるか不明な案件については、遺言作成の代理をしたり、遺産分割協議書の作成を代理することは、弁護士法・行政書士法に違反します。   税理士さんは […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続ニュース

2014年07月19日

争いがないときも遺産分割協議書を作成!

遺産分割は、争いがあるとは限りません。しかし、後日、遺産分割にまつわる紛争を防止することになります。20年後に争いが再燃することもあります。 また、不動産登記手続、相続税申請手続、預金名義書換等に必要とされています。 & […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続ニュース

2014年06月10日

相続寄与分の見通しの悪さ

名古屋で相続・遺産分割を中心に活動をしている弁護士です。   寄与分の認定、算定は、見通しが悪く予測可能性が立たないといえます。   しかし、こうした見通しにつき一定程度の対策を講じることもできます。 […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続ニュース

2014年02月06日

遺産分割の背景

名古屋の相続・遺産分割弁護士の特設サイトです。   さて、一般的に地主の方の長男は親と同居していることが多いように思います。そして、「自分たちがこの家を守る」という矜持を持っていると思います。このため、「親が残 […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続ニュース

2014年02月03日

節税対策に気をとられないこと

先祖代々守ってきた土地が、遺産分割にあたり障害になるということはあります。   特に農地が典型ですが、農地という地目を維持するにはそれなりの工夫と手間が必要になります。   当事務所では、依頼者の方の […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続ニュース

2014年02月03日