相続弁護士コラム

高価な身の回り品も相続税の対象に

相続税の資産の対象となるのは、貴金属や宝飾品、時計、バッグや洋服、着物なども、高価な品物であれば相続税の資産として扱われます。   もっとも、経年劣化が激しいものや一般的な耐用期間が経過したものに高値を付けるこ […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続税ニュース

2014年07月23日

小規模宅地の減額の特例って何ですか。

相続税の特例の中でも、小規模宅地の減額の特例が一番利用されているといっても良いのではないでしょうか。   生前に亡くなった方の宅地は、同居する家族が引き継ぐ場合が多いのですが、これに高額な相続税が課されてしまう […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続税ニュース

2014年05月16日

名古屋の相続遺産分割弁護士:遺留分を生前に放棄することができます。

後妻さんとして本家に入られた場合において、長男と後妻さんとの間に子どもがおらず、事実上の家督は次男に継がせる、というような少し田舎での話があります。後妻さんは、自立しているお子様がいるので、本家財産が本家以外の人に流出し […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続税ニュース

2014年03月26日

名古屋の税理士業相続時精算課税の損得

相続時精算課税制度を使うと2500万円までの贈与は税金はかからないのですが、結局相続時に相続税として扱われるので、土地の価値があがるのかどうかという不明確なばくちのように理解されている人もいると思います。   […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続税ニュース

2014年03月23日

納税対策用の土地について

納税用地は、相続開始から相続税の申告期限である10ヶ月以内に売却できる土地、というのが望ましいと考えられます。これにより売却すれば納税資金の確保が可能になります。   これはすぐの売却でなけらばならないので、市 […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続税ニュース

2014年02月15日

固定資産税より負担感が重い相続税

固定資産税というのは市区町村が決めており、時価をベースとするものの安いことは間違いありません。   お父様などの生前は土地に対する課税がほとんどなかったのに等しいということがあります。しかし、相続によって、相続 […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続税ニュース

2014年02月14日

遺産分割は相続税を考慮する方法も

遺産分割については、相続税も考慮した遺産分割案を作成するのも一つです。   相続人の方に大きな負担をいただかないことがベストと考えています。   遺産の分け方によって、相続税が異なることがありますので […

続きを読む

  • カテゴリ:
  • 相続税ニュース

2014年02月05日