一度きりの遺産分割で後悔しないために

名古屋市の弁護士による充実の初回無料相続相談・遺産分割相談実施中!お気軽にご相談ください。
名古屋の弁護士による初回相談無料・相続・遺産分割・遺産分け(遺産分割協議サポート,遺留分・寄与分)・相続税の相談にも夜間・土日にも柔軟対応。お時間の心配なく会社員、事業者の方から多くの相談をいただいています。
  • お電話でのお問い合わせ TEL:052-756-3955
  • お問い合わせフォーム

ご依頼者様の遺産相続の課題に対して最適な解決策をご提案いたします

CASE01 被相続人が借金ばかりで困っている

被相続人が借金ばかりで困っている

相続財産が借金の方が多かった,多いかどうかも分からない,ということがあります。相続放棄をするかは3ヶ月以内に決めないといけません。税理士資格を有する弁護士が,遺産目録を早急に作成し,相続放棄,限定承認などベストな選択をご提案します。

詳しくはこちら

CASE02 遺産分割で他の相続人が非協力的

遺産分割で他の相続人が非協力的

遺産分割は全員参加が必要ですので、他の相続人が非協力で遺産分けができずお困りの方に,遺産分割協議に立会の他,遺産分割を求める調停,ADRへの申立といったベストな選択をご提案します。

詳しくはこちら

CASE03 遺産の管理をしている相続人が遺産内容を開示せず困っている

遺産の管理をしている相続人が遺産内容を開示せず困っている

本家を自称される方に対して遺産分けを求めても遺産内容を明らかにしてくれないことがあります。遺言の有無はもちろん,弁護士会照会など他士業にはない職権による問い合わせ方法で,不動産,預貯金,保険などを徹底的に調査いたします。

詳しくはこちら

CASE04 長男が遺産を独占してしまって困っている

長男が遺産を独占してしまって困っている

次男や女性であることを理由に相続財産は一円も渡さないといわれてお困りの方に,相手方との交渉,遺産分割調停,遺産分割審判を通して,依頼者の正当な相続権が得られるようにベストな選択をご提案します。

詳しくはこちら

CASE05 被相続人の口座が凍結されて困っている

被相続人の口座が凍結されて困っている

金融機関は,遺産分割協議書に印鑑証明書の添付を求めて口座凍結を解除しますので,遺産分割協議で長い期間を要している場合,遺された配偶者の方が生活資金を引き出せずお困りのことがあります。葬儀費用,相続税の問題がある場合については得意な弁護士の関与の下でベストな選択をご提案します。

詳しくはこちら

CASE06 遺留分減殺請求をしたい

遺留分減殺請求をしたい

お父様がお亡くなりになり悲しみの中にいるとき、全ての財産を長男に相続させる、という遺言が出てきたことはありませんか。ご両親が平等に愛してくれてことは間違いありません。遺留分減殺請求は,疑問のある遺言の効力を一部失わせ,相続権の半分を取り返す手続です。ただし,遺産分割協議も行わないといけませんので,弁護士関与によりベストな選択をご提案します。

詳しくはこちら

CASE07 遺留分減殺請求を受けてしまった

遺留分減殺請求を受けてしまった

遺留分減殺請求を受けてしまった場合,誠実に対応することが望ましいといえます。特に遺言で相続分がなかった相続人の方はお怒りの感情をお持ちのことが多いのです。他方,遺留分減殺請求となると,代償分割といったお金での調整が必要となる場合があります。ベストな遺留分減殺請求による防御の選択をご提案します。

詳しくはこちら

CASE08 相続税の対象になるのか知りたい

相続税の対象になるのか知りたい

民法と違って,税法では相続財産の範囲が異なっています。
弁護士さんから,「基礎控除の範囲ですね」といわれても実際は違うこともあります。相続税は,10ヶ月以内の申告が必要ですので,相続税の対象になるか調べるため目録の作成
をお願いしたい,相続税の申告代理をして欲しいという方にベストなご提案をします。

詳しくはこちら

CASE09 相続人が大勢いる場合

相続人が大勢いる場合

相続人が大勢になる場合,一部の相続人の合意で終わらせてしまうとお子さまたちの世代で紛争が生じることがあります。音信不通の方,行為能力に問題がある方にもベストな選
択をお示しして,相続人が大量にいる場合にも解決方法をご提案します。

詳しくはこちら

CASE10 弁護士や税理士に相談して良いか分からない

弁護士や税理士に相談して良いか分からない

相続人が誰か分からない,遺言は無効ではないか,遺産分割が無効ではないか,財産が誰のものか分からない,時効が完成していそう,特別受益をもらっている方がいる,寄与分があるはず,評価が難しい,相続税の申告を任せたい,相続登記を任せたい-といった弁護士・税理士業にご相談された方が良いケースをご案内しています。

詳しくはこちら

「勇敢な心」をもって、徹底的に解決のお手伝いをいたします

名古屋駅ヒラソル法律事務所は「街の相続屋さん」、相続のパートナーとして、遺言の作成、遺言無効、遺留分、遺産分け、寄与分、特別受益、相続人の行方不明、相続放棄、相続税、相続登記まで、相続のパートナーとして多くのご家族のお手伝いをさせていただいております。当事務所の弁護士は、税理士業を行い、司法書士資格も持っておりますので、信頼される「気軽に相談できる相続相談所」として地域一番を目指しています。       相続税改正で増税が話題になっており,あなたは「我が家は大丈夫だろうか」と不安に思っているかもしれません。しかし,相続については相続税対策も大事ですが,むしろ遺産分割のトラブルの方が多いように感じます。
私事になりますが,私は名古屋生まれの名古屋育ちで、父親が名古屋で弁護士をしておりました。5歳のころに父親が亡くなり,父親が持っていた物件などに,備品を安値で買い取るバッタ屋や安値で不動産を買い取ろうとする業者が次々とあらわれました。母はよく分からないうちに,不動産を売りかけるというようなトラブルがありました。
また,父の田舎では私が代襲相続人ということになりますが,わずかな判子代をもらっただけでした。特に遺言があるわけでもないのに,このような遺産分割は,法律上は通用しないのではないかと感じました。
母子家庭で育ったという経験のある私は,名古屋の家族法の得意な弁護士でもあります。少年非行,離婚,相続に関することはみな共通の素地があるのではないかと考えています。特に相続には,いろいろな想いをお持ちの方もおられるでしょう。私は長男であり,長子ではありませんから,そのような言葉にできない溢れる気持ちを理解することができます。
相続の「問題」が横たわっていますと,どれほど仲の良い親族にも違和感が生じます。
名古屋の弁護士,税理士業である私は,相続、遺産分割、遺産分け(寄与分・特別受益)についての法務・税務のお話し合いの手続を優先し,名古屋市の裁判上の手続に至れば名古屋駅ヒラソル法律事務所の理念である「勇敢な心」をもって,徹底的に解決のお手伝いをさせていただきたいと思います。相続財産のほとんどを不動産を占めるケースでは換価分割や代償分割が必ずといってよいほど、問題となる。特に、換価分割や代償分割において、不動産の売却が関係してきます。ですから、事務処理にあたっては不動産売却に伴う譲渡・所得税の知識、債務の相続といった問題でお悩みの方も多いと思います。
こうした想いから相続・遺産相続・遺産分割協議サポートなどご家族の法的な問題に取り組んでおります。       弁護士は、ともに困難を背負ってくれるパートナーです。たとえ仏事で不快な気持ちになることがあっても弁護士が代理人としていれば孤独ではありませんし、法律問題という重たい荷物を一人で背負わずに済みます。相手方も弁護士や税理士業が入りますと、そう手ひどいことまではしてこないことも多いと想います。交渉の重荷や悲しみも分かち合える、街の相続のパートナーを目指して、当事務所は弁護士業務に心を尽くします。

名古屋市の事務所案内・弁護士紹介

代表弁護士 代表弁護士

弁護士コラム

弁護士コラム一覧へ

2020年11月19日事務所ニュース
【重要】メールの問い合わせはこちらからお願いいたします。
2019年08月08日事務所ニュース
令和元年の名古屋駅ヒラソル法律事務所のお盆休みのご案内
2019年04月26日事務所ニュース
大型連休につきまして
2019年01月04日事務所ニュース
新年のご挨拶を申し上げます(2019年)
2018年12月28日事務所ニュース
年末年始の営業について
2018年06月09日相続税ニュース
贈与税がかからない110万円を超えて相続時精算課税制度とは?
2017年12月28日事務所ニュース
服部弁護士らの年末年始営業につきまして
2017年12月14日相続ニュース
祭祀財産を承継する相続人がいないとき
2017年12月14日遺言ニュース
封印のある自筆証書遺言を開封したいとき
2017年12月13日成年後見ニュース
遺言で未成年後見人も選任できます。
2020年11月19日事務所ニュース
【重要】メールの問い合わせはこちらからお願いいたします。
2019年08月08日事務所ニュース
令和元年の名古屋駅ヒラソル法律事務所のお盆休みのご案内
2019年04月26日事務所ニュース
大型連休につきまして
2019年01月04日事務所ニュース
新年のご挨拶を申し上げます(2019年)
2018年12月28日事務所ニュース
年末年始の営業について
2017年12月28日事務所ニュース
服部弁護士らの年末年始営業につきまして
2017年08月04日事務所ニュース
お盆休みにつきまして
2016年12月23日事務所ニュース
事務所移転と年末年始につきまして
2016年07月15日事務所ニュース
お盆休みのご案内
2016年03月27日事務所ニュース
GWの対応につきまして
2017年12月14日相続ニュース
祭祀財産を承継する相続人がいないとき
2017年04月20日相続ニュース
ゴールデンウィーク中の営業について
2014年07月19日相続ニュース
税理士は、遺言、遺産分割協議は原則としてできません。
2014年06月10日相続ニュース
争いがないときも遺産分割協議書を作成!
2014年02月06日相続ニュース
相続寄与分の見通しの悪さ
2014年02月03日相続ニュース
遺産分割の背景
2014年02月03日相続ニュース
節税対策に気をとられないこと
2017年10月07日遺産分割ニュース
定期預金も当然分割されなくなるの?
2017年08月03日遺産分割ニュース
平成28年判決の射程距離
2017年08月03日遺産分割ニュース
預金と遺産分割につきまして
2017年07月21日遺産分割ニュース
預貯金と最高裁
2017年02月04日遺産分割ニュース
預金当然分割の判例変更(重要性高)
2014年06月10日遺産分割ニュース
自筆証書遺言には、検認済証明書が必要
2014年06月10日遺産分割ニュース
遺言書を隠してしまうと「相続欠格」
2014年05月28日遺産分割ニュース
弁護士が伝授!遺産相続に巻き込まれないポイント 第3回目、第4回目のコラム好評公開中です。
2014年05月20日遺産分割ニュース
定額郵便貯金は当然分割されない!
2014年05月16日遺産分割ニュース
遺産分割のやり直しはできますか。